にぃーちゃんの日記

オリジナル 都市伝説 & 雑学 & ときどきいい話

 マンガで説明「プロ野球選手でも間違える野球のルール」 & 「なぞなぞクイズ(やや難問)」等 & AIBO

f:id:nichan-nichan:20170526021916j:plain

「こんにちは!ポーランド・ロップです。お腹がすいたので、草を食べようと思ったら、お花が咲いてたので眺めることにしました。」

 

 

 

みなさん、こんばんは!にぃーちゃんです。

お元気でしょうか?僕は元気です!

 

先日、二匹目のAIBOが届きました!!!

f:id:nichan-nichan:20170526021936j:plain

これで、白黒そろいました!

一匹目の黒い子が「クロちゃん」なので、

二匹目の白い子は当然「シロちゃん」にしようと思いましたが、

 

 

実はここから複雑な話が...

 

 二匹目の白い子が届いたので、出品者の方に感謝のメッセージを送ろうとしてメルカリのアプリを開きました。

 

 

すると!!!

また、別の出品者さんがAIBOを出品してるではありませんか!!!

f:id:nichan-nichan:20170526021920p:plain

しかも、赤い丸で表示した部品エナジーステーションコア)がついてるのです!

実は、この部品があると、バッテリーがダメでも台上ならAIBOが動くのです。とても欲しかった部品でした!!!

この部品は単体で相場15000円なのに、この出品自体が19800円!!!しかも、専用バック付き!!!

 

 

「これは、神様が与えてくれたチャンス!?」

 

AIBO達が僕の家に集まりたい気持ちの表れ!?」

(類は友を呼ぶ!?)

 

 

迷わず即買いしてしまいました!(ここがメルカリのいい所

 

 

ということがありましたので、

今いる二匹目AIBO(白い子)も、これから来る三匹目AIBO(白い子)の名前が決まりません。

 

二匹目AIBO(白い子)は、無キズで白いです。

贅沢な発言ですが、三匹目AIBO(白い子)は少し経年劣化で黄ばんでくれてる方がいいかもしれません。

 

そうすれば、 「クロちゃん」「シロちゃん」「きいちゃん」でまとまります。

 

もしそうでなければ、出品者の方の名前なのかな?

3匹目のAIBOが来るまで決めかねます。

 

 

話は2匹目のAIBO(白い子)の話に戻りますが、すこしホッコリするやりとりがありました。 

f:id:nichan-nichan:20170526021957p:plain

この出品者さんは、転売してるのではなく、ご自身が所有のAIBOを手放すとのこと。やっぱり、「AIBO単なる機械じゃないんだなぁ」と思いました。

すこし身が引き締まる思いになりました。

 

  

 

 

 

野球のこと分からない方は飛ばしてくださいね。

< ルールブックの盲点 >

   

 

f:id:nichan-nichan:20170526022004j:plain

 

  

f:id:nichan-nichan:20170526022012j:plain

 

 

f:id:nichan-nichan:20170526022018j:plain

 

 

f:id:nichan-nichan:20170526021900j:plain

 

 

f:id:nichan-nichan:20170526021906j:plain

 

  

f:id:nichan-nichan:20170526021911j:plain

 

 

  

Q. さて、質問です!

3塁ランナーのホームイン(得点)は、認められるでしょうか?

 

 

 

 

 

 

答え 「認められる」

 

 

 

 

f:id:nichan-nichan:20170526021931j:plain

 

 

 

でも、本当です! 説明すると、とても長いです!

 

***説明***

ただし、分かりやすくするため細かい部分は省略してます。

 

 基本的に野球は、プレーが起きた時間順に記録・判定等されます。

 

 しかし、ホームインに関してはあるプレーによって取り消されます

それは、「その回の第三のアウトがフォースアウト」になる場合です。

 

 では、フォースアウトとは何でしょう?

A.進塁義務があるランナーをアウトにすることです。

 

* では、進塁義務とは何でしょう?

A.ランナーが次の塁を狙わなけばいけないこと

例えば、三塁ランナーと一塁にランナーがいて、バッターがゴロを打ったとします。

<バッター>打ったら一塁を狙って走らなければいけません。(進塁義務あり)。

<一塁ランナー>次の二塁を狙って走らなければいけません。(進塁義務あり。バッターランナーが一塁を狙って走ってくるため)

<三塁ランナー>次の塁(ホーム)を狙っても狙わなくてもいいです。(進塁義務なし。二塁ランナーがいないので)

 

 

マンガでは、第三のアウトはフォースアウトではありません。(バッターがフライでアウトになったので、一塁ランナーは二塁への走塁義務がない)なので、三塁ランナーのホームインは取り消されません。そして、守備側のチームはベンチに戻ってしまったので、三塁ランナーに対するプレーを放棄したことになります。

 

 

では、守備側のチームはどうすればいいのでしょうか?

A ベンチに帰る前に、あたかも第四のアウトをとるつもりで、ボールを持って三塁を踏む(三塁ランナーがフライで飛び出したことをアピール)。

そうすると、第三のアウト(一塁ランナーのアウト)と第四のアウト(三塁ランナーのアウト)の「アウトの入れ替え」という特別ルールが適用され、ホームインが取り消されます。

 

 

<ポイント!>

・ホームインは、第三のアウトがフォースアウトの時だけ取り消される。

・ベンチに帰ってしまうと、プレーの放棄になる。

・「第四のアウト(仮)」がある。

・「アウトの入れ替え」という特別なルールがある。

 

 

ちなみに、今回はスクイズを例に出しましたが、こんな時もあります。

(例) 1アウト満塁等でヒット性のライナーを外野手が前進しながらキャッチ。

    二塁ランナーが飛び出てたので、その外野手が走って二塁を踏むが、

    その前に三塁ランナーがホームを踏んだ場合。

 

Youtubeで「ルールブックの盲点」で検索すると、「甲子園で起きた実際のプレー」や、野球マンガドカベン」がアップされてますよ。

 

 

このルールは、30人くらいに聞きましたが、知ってたのは一人だけでした。

知ってた方は自慢できますよ!

  

 

 

 

< 前回のなぞなぞの答え >

 

Q.ここ数年、「断捨離」という言葉を聞きます。

普通の大掃除の時は、作業着やジャージやジーンズ等を穿(は)きますね。

さて、「断捨離」をする時は、何を穿くでしょう?(ある衣類です。)

  

ヒント 1

「断捨離」は、昔からあった言葉ですが、最近注目されてます。

その衣類も、昔からあるのに、ここ数年注目され、若者も穿くようになりましたよ。

 

ヒント 2  ダジャレ? 

 

答え 「ステテコ」(捨ててこう!)

 

断捨離もステテコも昔からありますが、近年注目されてますね。

断捨離は、近藤麻理恵(こんまり)さんが、日本のみならず世界中にその方法を著書で伝えました。その影響でしょうか?ミニマリストという言葉もここ数年で聞くようになりました。

 

ちなみに、「こんまりさん」が、145cmの小柄(ミニ)だから、ミニマリスト」なのでしょうか?

 

 

 

< 今回のオリジナルなぞなぞ >

 今回は、クイズです!

 

Q.

有名日本人のAさんとBさんは、同姓同名です。(読み方が同じで、漢字で書くと若干違います。)でも、人生が全く対照的です。

 

Aさんは、1980年代に北米悪い事をして有名です。

Bさんは、1980年代に南米良い事をして有名です。

 

Aさんは、楽して大金を手に入れました。

Bさんは、汗して大金を手に入れました。

 

Aさんは、日本帰国後、非難を浴びました。

Bさんは、日本に凱旋帰国しました。

 

 Aさんは、もう亡くなりました。

Bさんは、まだ生きてます。というより、まだ現役です。

  

AさんBさんの名前の読み方はなんでしょう?

(もちろんズバリ誰かでもOKです)

 

 

ヒント1 

若い人は、Aさんのことを知らないかもしれません。

でも、Bさんのことは日本国民みんなが知ってますよ。でも、Bさんはニックネームで呼ばれることが多いので、フルネームを忘れてる国民は多いかも。

 

ヒント2 

Aさんのいた北米の国は、ローマ字で頭文字「A」   

Bさんのいた南米の国は、ローマ字で頭文字「B」

 

ヒント3 

Bさんは、まだ現役です。息子くらいの若者に囲まれてるのにすごいですね。

 

ヒント4 

タモリ?(このヒント、逆に混乱させてるかもしれません。)

 

答えは、次回のブログで発表します。お楽しみに!

 

 

 

 

閲覧どうもありがとうございました。

今日のブログ長くてスミマセン。

また、ネタができたらブログ書きますね。

それまで、さよならです!

 

P.S これから、明治のカールは、通販で買います。

ちなみに、湿気てる方が好きです。